【SEO対策はじめの一歩】初心者でも導入必須なツール3選


まずはこれを導入しよう!SEO対策ツール3選

Webマーケティング施策の一環としてSEO対策を行っている、もしくは行っていきたいと思っている方、こんにちは。

「SEO対策がどのようなものかは何となく知っているけど、具体的にどんなツールを使って対策していけばいいのかわからない…」

という悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。
この記事では、そんな方々に向けて、「とりあえずコレを入れておけば安心!」な鉄板SEOツールを3つご紹介します。

 

1.SEOチェキ


SEOチェキは、サイトのURLを入れるだけで、内部・外部の基本的な情報がわかる無料SEOツールです。

このツールはとにかく手軽さが魅力です。
会員登録などは一切必要なく(もちろん無料で使えます)、サイトのURLを入力するだけで、タイトル・メタディスクリプションなどの内部対策情報や、被リンク数・インデックス数などの外部対策情報がわかります。
また、あるキーワードについての検索順位も調べられます。

ただし、出てくるデータの精度や細かさなどは高品質とは言い難いです。

しかし、それをふまえても、とりあえず試してみて、SEO対策の取っ掛かりとすべきツールです。

 

2.Google Search Console

Google Search Console(サーチコンソール)は、Googleが公式に提供している無料SEO対策ツールです。Googleアカウントさえあれば誰でも利用することができます。

サーチコンソールの特徴は、とにかくとれるデータの精度が高いことです。内部対策・外部対策ともに、SEO対策に必要なデータはほぼすべてとることができ、また精度も高いです。

また、特筆すべきは、Googleとコミュニケーションがとれる唯一のSEO対策ツールであることです。Googleからペナルティのメッセージを受け取ったり、新たにページを追加した際はクロール申請をしたりすることができます。これは他のSEOツールには絶対に実現できない機能です。
同じGoogle公式のツールであるGoogleアナリティクスとの連携が可能なのも魅力のひとつです。

高機能さゆえに使いこなすのが難しいのがややネックではありますが、無料なのが驚きであるほど高機能・多機能なツールなので、SEO対策において絶対に外せないツールだといえるでしょう。

 

3.AIアナリスト

Web解析のAIアナリスト

Web解析のAIアナリストは、登録無料のWeb解析ツールです。

Googleアナリティクス、サーチコンソールのアカウントを連携するだけで使えます。
本来はサイト改善のためのツールなのですが、サーチコンソールと連携して、人工知能が日々のSEO状況をチェックしてくれるのです。実績が予測より変動した場合は教えてくれます。(検索エンジンからの訪問数が13%多かった、など)

このツールを使えば毎日サーチコンソールをチェックする工数を削減することができます。また、サイト改善にも使うことができるので一石二鳥です。

 

とりあえず上の三つは導入必須!

以上、鉄板のSEOツールを3つご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

上の三つは、成果につなげるSEO対策を行っていくためになくてはならないツールです。

SEO対策に取り組まれる際は、必ず導入するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)